就職活動体験記 鈴木晧士さん

鈴木晧士不動産学部4年
鈴木 晧士
内定先:スターツコーポレーション株式会社

私が本格的に就職活動を大学3年生の夏からです。宅地建物取引士の資格を持っていたので資格を活かして働こうと思い不動産業界、そんな考えから就職活動を始めました。

始めは企業の事など何も知らなかったので業界のことを大まかに調べ、そして気になった企業があればとりあえずその企業のインターンに参加するという事をしました、インターンに参加することでその企業の雰囲気や行っている事業内容を理解することができました。

自分は秋ごろから企業を絞って行いました、そのことで徐々に自分にあったと思える会社に出会うことができ、自分が働いた時のイメージを持つことができました。インターンに参加し続けることで早期の選考に参加できることもあるので自分の行きたい企業には積極的に参加することで早くに内定をもらえるという利点があると思いました。

次に就職活動をする際に自分が行った事を書いていきます。
最初に自分は業界研究を始めました、業界を調べることで自分のやりたいことができるのか等が分かってくると思いました。次に企業を行い自分に合っていそうな企業を数社選びました、このことから早い段階で業界や企業研究をしておくと後に余裕を持って就職活動ができると考えました。

次に行ったのは自己分析です、自己分析をもとに自己PRを考えることで自分がどの様な人物でどこをアピールすれば良いかを理解することが出来たと感じました。
その次にはSPIの勉強や面接練習を行いました。
SPIは本屋などで一冊自分に合っていると思った本を使い勉強するのがいいと思います、SPIは早い時期から毎日少しやることでいい成績が取れると思います。
面接練習は就活コーチや周りの友人たちに協力してもらうことで面接が上手くなり本番で緊張することも少なくなると思います。

まとめ

就職活動は自分の人生において大きなイベントだと思います、なので少しめんどくさいと思うことがあっても最後までやり遂げることが大切になってくると思います。
自分の働く時の軸をよく考え就職活動を頑張ってください。

関連記事

ページ上部へ戻る