金 東煥(キムドンファン) 准教授

金 東煥(キムドンファン)博士(経済学)

略歴

【学歴】

2011.3 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了(博士(経済学)
2007.3 京都大学大学院経済学研究科博士前期課程修了(修士(経済学)
2005.3 近畿大学商経学部経営学科卒業(学士)

【職歴】

・2013年~2021年:一般財団法人日本不動産研究所主任研究員(担当業務:不動産市場予測業務(東京・大阪・名古屋オフィス賃料予測、東京23区マンション価格・賃料予測)、不動産指標整備業務(賃貸マンション賃料指数等)、グローバル不動産市場調査分析、データに基づく不動産市場分析等)
・2011年~2013年:駐日大韓民国大使館経済主任研究員(担当業務:日本経済政策・日本通商政策・日本金融政策・エネルギー政策の研究分析)

専門分野

マクロ経済学、土地・不動産経済学、計量分析

担当科目

マクロ経済学、ミクロ経済学、土地・住宅の経済学、Basic English for real estate, Advanced English for real estate、不動産学演習、不動産学基礎演習、不動産学卒業演習

研究テーマ

グローバル不動産市場分析、オフィス市場分析、オフィス賃料予測、マンション賃料・価格予測

研究業績

【論文・執筆等】

「景気循環を考慮したオフィスビルにおけるキャップ・レートの弾力性に関する研究」(2020年、共著、明海大学不動産学部論集、(28))
「オフィスビルの経年減価に伴うキャップ・レートの変動に対する投資家意識」(2020年、共著、2020年度日本建築学会大会学術講演梗概集)
「東京・大阪・名古屋のオフィス賃料予測(2019~2025年)・2019秋について」(2020年、共著、不動産研究(日本不動産研究所)、62(1))
「マイナス金利が日本の住宅不動産市場に与える影響の実証分析」(2016年、単著、不動産研究(日本不動産研究所)、(58(3))
「米国における投資移民制度(EB-5プログラム)の考察」(2016年、単著、不動産研究(日本不動産研究所)、(58(3))
「A Study on Land Value for Tokyo’s Densely Developed Residential Area with Wooden-Frame Homes Based on Forecast through the 2020 Olympics」(2014年、単著、27th The Pan Pacific Congress of Real Estate Appraisers, Singapore 発表論文集)
「アベノミクスの主要内容と効果(韓国語)」(2013年、単著、駐日本大韓民国大使館ホームページ掲載)
「地価上昇の要因の実証分析:韓国不動産市場の土地譲渡所得税による凍結効果を中心に」(2013年、単著、生活経済学研究(生活経済学会誌)、38)
「不動産価格の高騰要因に関する実証分析:日本と韓国の国際比較」(2010年、単著、日本不動産学会誌、24(2))

「不動産学研究」(ゼミ)講義内容・卒業論文

・「不動産学研究(ゼミ)」では、グローバル不動産市況を調査分析して、レポートとしてまとめ、発表する。前職の不動産調査分析の研究機関、韓国の政府機関で勤務した経験を活かして、より社会生活で活動度が高いレポート作成のスキルを身につける訓練をする。
・卒業論文では、学生との継続的な討論の上で、文献を調査し、研究テーマを設定、問題意識を絞り、仮定・検証のデータ分析による検証方法を用いて卒業論文作成を指導する。

E-mail

Donghwan-kim@meikai.ac.jp

学生へのひと言

少子高齢化時代を生きていく、今の時代の学生は、以前まではなかった様々な試練と挑戦があると思います。これからの試練を恐れず、挑戦して乗り越えましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る