藤木 亮介 准教授

藤木 亮介博士(工学)

学歴

1996年3月 東京電機大学工学部第一部建築学科 卒業
2002年3月 東京電機大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程 修了
2010年3月 東洋大学大学院工学研究科環境・デザイン専攻博士後期課程 修了

略歴

1996年4月 建築設計事務所にて新築設計業務等に携わる
1998年4月 株式会社スペースユニオン マンション保全コンサルタント業務に携わる
2020年4月 明海大学不動産学部 准教授

専門分野

建築保全、マンション学

担当科目

都市計画 都市と建築の基本法 不動産管理演習 集合住宅管理論

研究テーマ

・マンションの生涯を見据えた超長期修繕基本計画の開発
・合意形成を踏まえたマンションの改修・再生手法
・建物の維持修繕コスト

研究業績

・「マンションの持続限度を設定した長期修繕計画の試案」日本マンション学会 マンション学 第63号,2019年4月(単著)
・「経年マンションの長期修繕計画に関する研究 -大規模修繕工事の周期延長に関する考察-」日本マンション学会 マンション学 第57号,2017年4月(単著)
・「マンションの住戸内排水管改修工事に関する研究」日本建築学会 大会学術講演梗概集(関東)選抜梗概,集合住宅管理・再生(1),オーガナイズドセッション,2015年9月(共著)
・「THE PROCESS OF SCAFFOLDING PLANNING FOR EXTENSIVE RENOVATIONS OF HIGH-RISE CONDOMINIUMS」Creative Construction Conference 2013,July 6-9,2013 Budapest,Hungary(共著)
・「分譲集合住宅の大規模修繕工事における工事契約に関する研究」日本建築学会 第26回建築生産シンポジウム論文集,2010年7月(共著)
・「超高層マンションの外壁等総合改修工事における足場仮設計画プロセス」日本建築学会技術報告集 第15巻,第31号,2009年10月(共著)
・「団地型マンションにおける修繕費用の棟別格差について -首都圏に建つ二団地の外壁等総合改修工事を事例として-」日本建築学会 計画系論文集 第74巻,635号,2009年1月(共著)
・「マンションの2回の連続した外壁等総合改修工事に見る建物の劣化実態と改修数量の推移について -マンションの維持・保全に関する研究-」日本建築学会計画系論文集 第73巻,630,2008年8月(共著)

「不動産学研究」(ゼミ)講義内容・卒業論文

テーマ:建物の維持・修繕・再生
・今、建物は「スクラップ アンド ビルド」の時代から「ストック」の時代に移っています。特に分譲集合住宅(マンション)にあっては、合意形成上の問題から建替えたくても建替えられない場合も多く、なるべく建物を良好な状態で長く使おうとしています。
・古くなった既存建物(マンション・賃貸アパート・戸建て住宅等、対象建物は相談の上で決めていきます。)に対する実地調査を行い、まずはその建物の状態を正確に把握することから始めます。その上で『建物の一生』を見据え、維持・修繕・再生に関する自分なりの考え方を掘り深めていきます。

E-mail

fujiki(at)meikai.ac.jp  ※(at)を@に替えてください。

学生へのひと言

・「当り前」に疑問を持つこと
普段、当り前の様に使っている自分の家、大学の建物、駅前ビル、これらの「当り前」に疑問を持ってみてください。
自分の部屋はどうしてこの大きさなのか?この壁はなぜ白いのか?この建物にはどういう人が関わっているのか?些細な疑問が不動産学の多彩な知識につながっていき、広がりが出てきます。これも学問を楽しむ一つの手法ですので、是非、学ぶことを楽しんでください。

関連記事

ページ上部へ戻る