中田 裕子 専任講師

修士(法学)、Master of Laws

略歴

2009年 同志社大学法学部法律学科 卒業
2011年 東京大学大学院法学政治学研究科 修士課程 修了
2013年 ロンドン大学クイーンメアリー LL.M. 修了
2017年 東京大学大学院法学政治学研究科 博士課程 満期退学
2017年~2019年 南山大学法学部 専任講師(任期付)
2019年 現職

専門分野

英米法、信託法

担当科目

Basic English for Real Estate Business, Advanced English for Real Estate Business, 海外不動産事情、不動産学研究、等

研究テーマ

イギリスの譲渡抵当(mortgage)の担保権実行についての研究
リバース・モーゲージの法的課題に関する研究
空き家信託についての研究

研究業績

(論文)
「持ち家を利用した高齢者の経済的基盤の強化―リバース・モーゲージの法的課題を中心に―」(2018年、共著、平成29年度杏林大学杏林CCRC研究所紀要)
「イギリスにおけるマーシャリング法理についての一考察(上)」、「イギリスにおけるマーシャリング法理についての一考察(下)」(2018年、単著、南山法学41巻2号 及び 南山法学41巻3・4号)
「アメリカのホーム・エクイティ・コンバージョン・モーゲージと日本のリバース・モーゲージへの示唆」(2019年2月、単著、南山法学42巻2号)
ほか。

「不動産学研究」(ゼミ)講義内容・卒業論文

「不動産学研究」
現在、超高齢化社会に突入している日本において、高齢者の利用する住宅も多様化している。そこで、ゼミでは、高齢者の住居・住宅に関する法的課題について、海外の状況や法制度と比較しながら検討する。

E-mail

ynakata(at)meikai.ac.jp ※(at)を@に替えてご使用ください。

学生へのひと言

失敗を恐れず、いろんなことに果敢にチャレンジしてみてください。
失敗も含めたあらゆる経験が今後の人生を豊かにすると思います。

関連記事

ページ上部へ戻る