小杉 学 准教授

博士(学術)

略歴

【学 歴】
1997年3月 明治大学理工学部建築学科卒業
2001年3月 千葉大学大学院自然科学研究科博士前期課程修了
2005年3月 千葉大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了
【職 歴】
2005年4月 愛知産業大学造形学部建築学科 専任講師
2012年4月 東北工業大学ライフデザイン学部 准教授
2016年4月 明海大学不動産学部 准教授
【受賞歴】
2005年 日本マンション学会 研究奨励賞
2005年 明舞団地マンション再生アイディアコンペ・建替部門最優秀賞(共同受賞)
2013年 こども環境学会 こども環境論文・著作賞(共同受賞)
2015年 日本マンション学会 共同研究賞(共同受賞)

専門分野

都市計画、まちづくり、集合住宅管理

担当科目

都市計画の基礎、都市計画、集合住宅管理論、不動産管理演習

研究テーマ

・高経年郊外団地型マンションの持続・再生
・マンション管理組合のコミュニティ・ガバナンス
・災害公営住宅のコミュニティ形成とその支援
・被災マンションの敷地売却
・まちづくりにおける市民参加

研究業績

・「マンションをふるさとにしたユーコート物語〜これからの集合住宅育て〜」昭和堂 2012年1月(分担執筆)
・「事例で読む 現代集合住宅のデザイン」彰国社 2004年9月(分担執筆)
・「郊外団地型マンションにおける「団地経営」の可能性 千葉市・西小中台団地を事例として」日本建築学会大会(関東)学術講演梗概集
・オーガナイズドセッション選抜梗概,2015年9月(単著)
・「大規模被害マンション6事例の現況と諸問題」マンション学第51号,日本マンション学会,2015年4月(単著)
・「管理組合によるコミュニティ活動がもたらす高い参加意識の持続」マンション学第47号,日本マンション学会,2013年4月(単著)
・「郊外団地型マンション再生に向けた取り組みとその意味 千葉市・西小中台団地を事例として」日本建築学会大会(北陸)学術講演梗概集・オーガナイズドセッション選抜梗概,2010年9月(単著)
・「コーポラティブ住宅における集住生活の変容過程に関する研究
−ユーコートにおける考察−」日本建築学会計画系論文集第635号,2009年1月(共著)
・「中古住宅ストックの評価手法に関する研究−東海地区の住宅市場を対象として−」住宅総合研究財団研究論文集第35号,2009年3月(共著)
・「コーポラティブ住宅ユーコートで育った第二世代の居住観」日本建築学会住宅系研究論文報告会論文集3,2008年12月(共著)
・「経年変化したコーポラティブ住宅の評価研究−ユーコート20年のレビューとこれからの展望−」住宅総合研究財団研究論文集第33号,2007年3月(共著)
・「「場所の力」と「人間力」の相互浸透による<まちの縁側>形成」住宅総合研究財団研究論文集第31号,2005年3月(共著)
・「郊外団地再生における目標設定の重要性」マンション学第7号,日本マンション学会,2004年7月(単著)
・「大規模分譲集合住宅団地再生計画における基本構想づくりの研究−西小中台団地における「学習段階」の実践プロセス−」日本建築学会
計画系論文集第571号,2003年9月(共著)
・「「フィールドセミナー」によるまちづくり教育プロセス評価−大学におけるまちづくり演習を事例として−」日本建築学会技術報告集第17号,2003年6月(共著)

「不動産学研究」(ゼミ)講義内容・卒業論文

テーマ:住環境の持続・再生
分野:都市計画、まちづくり、マンション管理
方法:フィールドワークおよび文献調査(希望者は設計提案も可)
‧ 研究対象や研究方法は、学生本人の関心事を尊重しながら、その学生にとって無理 なく進められるものを相談した上で設定します。
‧ 研究方法は、フィールドワーク(現地での聞き取り調査・観察調査)やアクション リサーチ(住民活動や計画策定に参画し住民と共に地域問題を解決する)など、現 場へ実際に足を運ぶ方法を推奨します。最終的には、研究論文にまとめることはも ちろん、それを一般住民にも分かりやすく説明するためのパワーポイントでの発表 方法についても丁寧に指導します。

E-mail

kosugi(at)meikai.ac.jp

学生へのひと言

学生時代は、勉強も遊びも、思い切り楽しんで欲しいと思います。
そしてできれば、4年間の間に何かしら、社会性のある取り組み(地域のことや福祉のことなど)にも参加して欲しいと思います。同世代以外の人々とも交流を持ち、自分の仕事や趣味だけではなく、社会的な問題にも関心を寄せ、積極的に行動できる人間になって欲しいと思います。ゼミではそういった場を提供できると思います。

関連記事

ページ上部へ戻る