前島 彩子 講師

maeshima博士(工学)、一級建築士、宅地建物取引士

略歴

東京理科大学工学部第1部建築学科嘱託補手(2012-2014)
東京大学大学院新領域創成科学研究科客員共同研究員(2012-2014)
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻博士課程(2008-2012)
東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士課程(2006-2008)
設計事務所アルバイトを経て株式会社ジェーエスディー(2001-2005)
東京理科大学理工学部建築学科卒業(1999)

専門分野

建築構法、住宅生産

担当科目

建築一般構造論、建築構造計画、建築施工

研究テーマ

近代的構法の地域性、アジア・アフリカ地域の都市住宅

研究業績

ゲルノートミンケ(原著) 輿石直幸, 藤田香織(監訳)前島彩子, 山田宮土理, 朝光拓也(分担翻訳):土・建築・環境, 215P, 西村書店, 2010
前島彩子, 田村順子, 梶原悠, 奥田朋仁, 志摩憲寿:アフリカ都市において独立以前に供給された住宅団地とその経年変化
-1950年代にセネガル・ダカール市に供給されたSICAP BAOBAB団地を対象として-, 2014年度住総研研究論文集, 2015
前島彩子, 清家剛:コンクリートブロックを用いた住宅供給の地域的な対応に関する事例調査 -セメント企業によるインドネシアとフィリピンの住宅供給を対象として-, 日本建築学会技術報告集, Vol. 20, No. 44, pp.339-344, 2014
熊谷亮平, 前島彩子:カタルーニャ・ヴォールトの構工法的特徴に関する研究, 日本建築学会技術報告集, Vol.20, No.44, pp. 39-44, 2014
前島彩子, 小野悠, 清家剛, 志摩憲寿:ザンビア・ルサカにおける住戸調査と、生産供給体制把握の試み, 日本建築学会計画系論文集, Vol.77, No.678, pp.1923-1932, 2012
小野悠, 前島彩子, 城所哲夫, 志摩憲寿:ザンビア・ルサカの住宅地における土地問題に関する一考察, 日本建築学会計画系論文集, Vol.77, No. 675, pp.1139-1144, 2012
前島彩子, 清家剛, 志摩憲寿, 小野悠:CB造住宅供給のひろがりと地域特性 ルサカを事例として, 日本建築学会技術報告集,Vol.18, No.38, pp. 351-356, 2012

「不動産学研究」(ゼミ)講義内容・卒業論文

構法模型製作を通した構造形式、建築生産活動の理解
統計を用いた住宅生産の変遷・地域性の理解
フィールドワークを通した近代住宅団地の地域性・多様性の理解
浦安キャンパスにある建物の更新実態と特徴の理解
工業化住宅の増改築・修繕に関する調査
住宅生産現場の視察

在来軸組(2014年度)とツーバイフォー(2015年度)の模型

在来軸組(2014年度)とツーバイフォー(2015年度)の模型

20161116

E-mail

mae4[at]meikai.ac.jp ※[at]を@(半角)に置き換えてください
ウェブサイト http://urayasu.meikai.ac.jp/lecture/maeshima2015/

学生へのひと言

身近な建物を観察することで、その個性を判断する目を鍛えてみてください。建物を補修・改修して使い続ける社会では、不動産の価値を判断する力につながるものと思います。授業やゼミを通して、時代・地域の異なる建物を参照し、そうした判断の幅を広げたり、深めるきっかけを作っていきたいと思っています。

関連記事

ページ上部へ戻る