山本 卓 教授

yamamoto博士(経済学)、不動産鑑定士、再開発プランナー

略歴

1961年東京都出身。中央大学法学部法律学科卒業、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科修士課程修了、埼玉大学大学院経済科学研究科博士後期課程修了、博士(経済学)取得。1984年(財)日本不動産研究所入所、不動産に関する鑑定評価及びコンサルテイング業務を幅広く経験し、2014年4月より現職。
不動産鑑定士試験委員(2006年,2007年)、日本財務管理学会監事(2008年-)、日本不動産学会総務委員(2014年-)、同学会出版編集委員(2016年-)、資産評価政策学会編集委員(2015年-)
埼玉大学大学院経済科学研究科非常勤講師(2011年,2012年)

専門分野

不動産会計、経営分析、不動産評価

担当科目

会計学の基礎、経営分析、不動産経営戦略、不動産キャリアデザイン、不動産会計特論等

研究テーマ

企業不動産と会計・財務管理との接点の領域を主たる研究対象とし、具体的研究テーマは以下のとおりである。
・不動産会計制度が企業行動に与える影響の分析
・企業不動産戦略の効果検証
・企業不動産と環境経営との関係に関する研究

研究業績

<主な著書>
・『投資不動産会計と公正価値評価』創成社(2015年)
・『不動産会計と経営行動』創成社(2013年)
・『企業不動産の会計と環境』創成社(2011年)
・『財務情報と企業不動産分析』創成社(2009年)
・『信用格付と会社財務・会計制度の新動向』泉文堂(2013年,共著)
・『株式会社の財務・会計制度の新動向』泉文堂(2011年,共著)
・『会社法と会社財務・会計の新展開』泉文堂(2008年,共著)
※論文、学会報告等の詳細な研究業績は下記で確認のこと。
http://researchmap.jp/read0156001/

不動産にかかる実務経験

前職の一般財団法人日本不動産研究所で従事した主な業務は以下のとおりである。(不動産にかかる実務経験は30年である。)
□不動産鑑定評価業務
民間、公共依頼の鑑定評価を約500件行った。地価公示・地価調査評価員、固定資産税標準宅地評価員を歴任。
□市街地再開発業務
従前・従後資産評価、営業補償調査、資産評価基準・損失補償基準・権利変換基準の策定等を行った。
(主な担当事業)
仙台駅北部第一南地区第二種市街地再開発事業、仙台市河原町一丁目西地区第一種市街地再開発事業、仙台市長町三丁目地区市街地再開発事業等
□固定資産税評価支援業務
固定資産税の課税の基礎となる土地にかかるシステム評価業務に従事した。
(主な担当自治体)
秋田市、山形市、仙台市、大崎市、多賀城市、鹿嶋市、川越市、さいたま市、戸田市、八潮市、東京都、市原市、四街道市、船橋市、平塚市等
※国際協力事業として、パレスチナ自治政府における固定資産税評価基準の策定に従事した。

「不動産学研究」(ゼミ)講義内容・卒業論文

本ゼミの目的は、将来のビジネスパーソンとして不可欠となる「会計」「経営分析」の基礎を確かにし、それを踏まえたうえで、不動産と経営・会計に関するテーマを選び、掘り下げた学びを行う。
前学期は、主として「会計」「経営分析」の基礎固めを行う。標準的な経営分析のテキストの輪読や新聞記事を活用し、企業が開示する会計情報の意味を読み取る訓練を行う。
後学期は、前学期の学びを踏まえたうえで、ゼミ参加者が関心のあるテーマを選び、さまざまな調査を行い、その結果をレポートにまとめてもらう。テーマの選択は自由だが、「経営」、「会計」、「企業不動産」のいずれかに、少しでも関連しているものが想定される。また、まとめたレポートを適宜発表してもらい、プレゼンの力をつけることも重視する。
参考まで、ゼミレポートの例として以下のものがある。
・鉄道会社の企業不動産戦略
・投資不動産保有と企業経営
・環境経営と企業不動産
・減損会計と投資家評価
また、卒業論文については、ゼミレポートを基礎に発展させる方向で指導を行う。

E-mail

takashiyamamoto1961@yahoo.co.jp

学生へのひと言

大学時代は、社会人となるための貴重な準備期間です。社会に出てどのような貢献をするのか、どのような役割を担うのかじっくり考えて下さい。また、将来の自分へのための投資を惜しまないで下さい。
ゼミでは、将来、不動産会社の法人営業担当職、同経営・管理職、一般事業会社の企業不動産管理担当職、不動産コンサルタント、不動産鑑定士、不動産分野の研究職等を志す人を想定してトレーニングを行います。また、就職支援を担当しておりますので、就職活動、インターンシップ等の相談を歓迎します。
オフィスアワー以外でも平日午前、昼休みはほとんど研究室(4612)に在室していますので気軽に相談に来て下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る