斎藤 千尋 教授

博士(工学)

略歴

横浜生まれ。
東京工業大学工学部建築学科卒業、同大学院理工学研究科修了。
1991年同社会工学科助手。
1996年から明海大学不動産学部に勤務。
2001年から同大学院不動産学研究科兼担。

専門分野

都市空間設計、都市解析

担当科目

建築一般構造論、建築環境計画、建築設備、まちづくり演習
都市空間デザイン特論、環境分析特講、不動産研究方法論、不動産数理の基礎演習

研究テーマ

まちなみの「予報」の技術を目指して研究しています。
今ある街並みが出来上がるメカニズムを地理情報からモデル化することや、それを使って将来の街並みを描く方法を研究しています。

研究業績

アクセシビリティ、独立性、最短路の分布による建物出現位置の予測 -典型的な街区における建物配置のロジスティック回帰分析-, 都市計画論文集, vol.46, no.3, pp397-402, 2011

教育・研究利用のための街区形状モデリングツールの開発, 不動産学部論集, vol.16, pp54-68, 2008

街区パタンと市街地形状における格子の効果 -建物の隣接関係の都市空間への影響の研究-, 都市計画論文集, no39-3,pp847-852,2004

道路網の効率性と街路街区パタン -建物の配置による街区形成シミュレーション手法の検討- ,日本都市計画学会学術研究論文集, 第37号,pp85-90,2002

配置構成による建物の独立性 -浦安市市街地を事例とした近接する建物の数、距離、規模の分析-,日本都市計画学会学術研究論文集,第34号,pp649-654,1999

「不動産学研究」(ゼミ)講義内容・卒業論文

3年生の不動産学研究のゼミでは、ゼミ生で相談して、どこかの具体的な街を選び、その歴史や計画上の目標などを調べ、現地での見学、調査をすることから問題発見や魅力発見をします。
並行して3次元CADの操作を勉強します。その上で、調べた結果を視覚化したり、問題に対する解決策をビジュアルに提案したりして、レポートにまとめます。

4年生の卒業論文のゼミでは、3年次に取り組んだ課題から研究テーマを発見してもらいます。これまでの研究を整理し、明確な方法、資料によって、取り組んだテーマについて発見、問題提起をしてもらいます。
また卒業設計に取り組む場合は、場所にふさわしい新たな建築、あるいは、まだ一般的ではないがこれからの社会にふさわしい新しい建築の役割、姿を提案してもらいます。

斎藤ゼミ2016年夏合宿 茨城県桜川市真壁町にて

斎藤ゼミ2016年夏合宿 茨城県桜川市真壁町にて

8月はじめ、桜川市真壁町の見学に行きました。江戸期から昭和初期にかけての建造物が多数残されている真壁地区は中心部が重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。東日本大震災では大きな被害を受けています。被災建物の伝統的な構法による修復の様子や、空き家が多くなりつつある地区の現状など現地で学習しました。

E-mail

csaito@meikai.ac.jp

学生へのひと言

いろいろな建物、いろいろな街を、たくさん、学生時代に実際に訪ねてみてください。写真をとったり、絵が好きならスケッチをしたりして、まちなみに対する自分なりの趣味を育ててください。

関連記事

ページ上部へ戻る