中城 康彦 教授

chujo博士(工学)(千葉大学) 一級建築士・不動産鑑定士・FRICS

略歴

【学歴】
1977年3月 名古屋工業大学建築学科卒業
1979年 3月 名古屋工業大学大学院工学研究科修士課程建築学専攻修了
【職歴】
1979年 4月 福手健夫建築都市計画事務所
1983年11月 財団法人 日本不動産研究所
1988年 8月 VARNZ AMERICA, Inc.
1992年 7月 株式会社 スペースフロンティア 代表取締役
1996年 4月 明海大学 不動産学部 専任講師
2003年 4月 明海大学 不動産学部 教授
2004年4月 ケンブリッジ大学土地経済学部客員研究員(2005年3月まで)
2012年4月 明海大学 不動産学部長 不動産学研究科長
【受賞暦】
2015年 都市住宅学会論文賞
2015年 資産評価政策学会論説賞
2016年・2014年・2013年 日本不動産学会論説賞
2013年・2008年 都市住宅学会著作賞
2004年 日本不動産学会著作賞

専門分野

不動産企画経営管理、不動産鑑定評価、建築設計、不動産流通

担当科目

不動産経営計画、不動産鑑定評価論、建築計画Ⅰ、不動産企画経営特論、不動産鑑定理論特講

研究テーマ

・建築と都市の再生に関する研究 ・不動産の取引制度に関する研究
・賃貸不動産の経営と管理に関する研究 ・不動産の価値と鑑定評価に関する研究

研究業績

・「定期借地権マンションのストックの状態と管理上の課題と対応」 都市計画論文集 Vol.51 No.3 公益社団法人都市計画学会 2016年10月 pp820-826(共著)
・「アメリカ・ハワイ州の定期借地権マンションストックの法制度と実態」 日本建築学会計画系論文集 Vol.81 No.727 一般社団法人日本建築学会 2016年9月pp 2003-2010(共著)
・「アメリカ・カリフォルニア州におけるCCRCの居住の安定のための行政関与と運用実態」 都市住宅学95号 公益財団法人都市住宅学会 2016年10月pp88-93(共著)
・「民間賃貸住宅におけるオンサイトマネージャー導入に対する所有者意識」2016年度大会(九州)学術講演梗概集 一般社団法人日本建築学会 2016年8月 pp311-312(共著)
・「暫定利用の権利と価格〜不動産価値を高める暫定利用〜」都市計画321号 Vol.65 No.3 公益社団法人日本都市計画学会 2016年7月 pp70-71(単著)
・「アメリカ・ハワイ州の定期借地権マンションにおける底地の買取制度と管理組合の役割」マンション学第54号 日本マンション学会 2016年4月 pp168-174(共著)
・「液状化被害を受けた浦安市の住宅市場と住宅政策」 日本不動産学会No.115 Vol.29 No.4 公益社団法人日本不動産学会 2016年3月 pp83-92(単著)
・「区分所有建物内の場所の利益とマンション管理」 日本不動産学会誌No.115 Vol.29 No.4 公益社団法人日本不動産学会 2016年3月 pp162-169(単著)
・『建築再生学』市ヶ谷出版社 2016年1月(共著)
・「マンションにおける現地管理員の役割と課題」 都市住宅学第91号 公益社団法人都市住宅学会 2015年10月 pp106-111(共著)
・「コモンズを創出する事業手法の萌芽的事例~小集団住宅地開発におけるコモンズの利用と展開~」 都市住宅学第90号 公益社団法人都市住宅学会 2015年7月 pp29-33(単著)
・「既存住宅の空き家予防のための地域連携体制づくりの課題と対応」 都市計画論文集 Vol.50 No.3 公益社団法人都市計画学会 2015年11月 pp1025-1031 (共著)
・「マンションにおける現地管理員の役割と課題」 都市住宅学91号 公益財団法人都市住宅学会 2015年11月pp106-111(共著)
・「空き家利用の権利と価格」2015年度大会(関東)建築社会システム部門研究協議会資料 一般社団法人日本建築学会 2015年9月 pp67-72(単著)
・「戸建て住宅の分譲・建設業者の住宅履歴情報生成への取組み -住宅履歴情報の生成・蓄積・活用に関する研究」2015年度大会(関東)学術講演梗概集 一般社団法人日本建築学会 2015年9月 pp179-180(共著)
・「民間賃貸住宅における学生オンサイト・マネージャーの社会実験 -集合住宅・住宅地における地域オンサイト・マネージャーの新たな職能に関する研究その2」 2015年度大会(関東)学術講演梗概集 一般社団法人日本建築学会 2015年9月 pp235-236(共著)
・「マンションにおける現地管理員の職能 -集合住宅・住宅地における地域オンサイト・マネージャーの新たな職能に関する研究その1」2015年度大会(関東)学術講演梗概集 一般社団法人日本建築学会 2015年9月 pp237-238 (共著)
・「定期借地権マンションの借地に関する契約内容」2015年度大会(関東)学術講演梗概集一般社団法人日本建築学会 2015年9月 pp307-308 (共著)
・「中古住宅を巡る今日的な課題」不動産学研究Vol.57 No.3 一般財団法人日本不動産研究所 2015年7月 pp3-12(単著)
・「民間賃貸住宅における被災への対応 -浦安市の埋め立て地区の場合」技術報告集48巻 一般社団法人日本建築学会 2015年6月 pp827-830(共著)
・「空閑地利用の権利と価格」今後の土地問題を考える研究会最終報告 一般財団法人土地総合研究所 2015年3月 pp215-219(単著)
・「明海大学不動産学部における不動産学教育」日本不動産学会誌 No.111 Vol.28 No.4 公益社団法人日本不動産学会 2015年3月 pp56-61 (単著)
・「追加投資を誘引する社会的な仕組みのあり方」 住宅 VOL.63 一般社団法人日本住宅協会 2014年11月 pp8-17 (単著)
・『RICS評価基準2014 国際評価基準IVS完全準拠版』 NPO法人日本不動産カウンセラー協会 2014年11月 (共訳)
・「中古住宅流通促進のための建物評価の課題」資産評価政策学15巻2号 通巻27号 資産評価政策学会 2014年9月 pp24-32 (単著)
・「米国における既存住宅の市場価値の合意形成のための評価手法 –住宅の市場価値向上による都市経営改善方策検討のための研究−」都市計画論文集Vol.49 No.3 公益社団法人日本都市計画学会 2014年10月(共著)
・「米国における消費者から見た住宅購入前の情報入手体制−米国の中古住宅取引制度に関する研究 その1−」2014年度大会(近畿)学術講演梗概集 一般社団法人日本建築学会 2014年9月 pp369-370(共著)
・「米国における住宅の不動産鑑定評価制度−米国の中古住宅取引制度に関する研究 その2−」2014年度大会(近畿)学術講演梗概集 一般社団法人日本建築学会 2014年9月 pp371-372(共著)
・「建物詳細情報がもたらす不動産投資•取引•評価の進化」 BELCA NEWS Vol.26 No.148 公益社団法人ロングライフビル推進協会 2014年7月 pp11-15(単著)
・「東日本大震災における民間賃貸住宅の被害による管理上の課題−東北地域の事例−」日本建築学会計画系論文集 Voi.79No.696 一般社団法人日本建築学会 2014年2月 pp483-490(共著)

委員会等

・国土交通省「不動産鑑定評価制度懇談会」委員 (2016年)
・国土交通省「社会資本整備審議会」産業分科会臨時委員(2016年)
・東京都「晴海五丁目地区第一種市街地再開発事業保留床等処分運営委員会」委員(委員長)(2016年)
・横浜市「住宅政策審議会」委員(2016年)
・東京地方裁判所民事調停員(2016年)
・国土交通省「国土審議会」土地政策分科会不動産鑑定評価部会専門委員(2015年)
・国土交通省「賃貸住宅管理業者登録制度に係る検討委員会」委員(座長)(2015年)
・国土交通省「中古住宅売買に係る媒介時の連携業務のあり方に関する検討会」委員(座長)(2015年)
・国土交通省「宅地建物取引業法の改正に関する勉強会」委員(2015年)
・独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構「所有資産の民間売却に関する検討委員会」委員(委員長)(2015年)
・千葉市「住宅政策審議会」委員(2015年)
・最高裁判所 「総合評価審査委員会」委員(委員長)(2015年)
・国土交通省「中古不動産取引における情報提供促進モデル事業評価委員会」委員(委員長)(2014年)
・公益社団法人日本賃貸住宅管理協会「新たな賃貸住宅管理業に関するあり方勉強会」 委員(座長)(2014年)
・一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会「学術研究部門特別委員会 相続に伴う資産管理に係る賃貸管理業のあり方について」委員(座長)(2014年)

「不動産学研究」(ゼミ)講義内容・卒業論文

日本がむかえようとしている超高齢者社会では、限りある資源を効果的に組み合わせて価値を生み出すことが重要となる。不動産学研究では、土地や建物を題材に、価値を創造すること(主観・感性)と価値を評価すること(客観・知性)の両面を学び、一体化させる。
具体的なテーマを例示すれば以下のとおりである。
・都市と建築の再生
・複数権利者による共同ビルの設計と権利変換
・賃貸不動産の企画・経営・管理
・空間の価値と時間の価値
・不動産鑑定評価手法の国際比較
・付加価値を生む不動産制度と都市制度
・空間と価値の創造と評価について

E-mail

nakajo@meikai.ac.jp

学生へのひと言

不動産学の勉強は広くて深い。なによりも、土地や建物すなわち不動産を利用していない瞬間はない。永遠のテーマである不動産学は不滅で、不動産学を学修することによって諸君は永遠の力を得ることができる。日本で唯一の不動産学部で不動産学を学ぶことに誇りをもち、将来を確信して共に取り組んでいこう。

関連記事

ページ上部へ戻る