就職活動体験記 山崎 映里さん

不動産学部4年
山崎 映里
内定先:東急リバブル株式会社

私が就職活動を意識し始めたのは大学3年の6月頃だ。キャリアデザインという授業で就職活動についての準備や流れ、先輩方の話を聞いて私もそろそろ意識し始めようと思ったのがきっかけだ。

その頃は志望する企業はなく、不動産業界に就きたいという漠然としたものだった。しかし、夏休みの期間に行われたインターンシップにいくつか参加したことにより、企業の特色や雰囲気などを知り、色々な企業に目を向け企業研究をするきっかけとなった。この頃には、学チカ(学生時代に力を入れたこと)や自己PRも就活支援の先生方にアドバイスを頂きながら作成していた。

いくつかのインターンシップに参加する中で特に印象深いのは、秋ごろに参加したインターンシップだ。現場体験型のインターンシップがあり、会社の実際の現場の雰囲気や仕事を身近に体験することができ、とてもいい経験になった。他にも、リクルーター訪問でいろいろな不安や、質問を親身に聞いていただく機会もあった。この現場体験型インターンシップに参加をしたことにより、より一層ここの会社の社員さん達と一緒に働きたいと強く感じた。

私の内定先である東急リバブルを志望企業に決めた理由は主に三つだ。

一つ目は、自分の仲介営業としてありたい姿と一致したためである。売上も大事だがそれ以上にお客様満足度を重視し、期待値以上のものを提供したいと考えたからだ。

二つ目は、実力主義かつ女性が活躍できる環境やチャンスがあるため。自分を成長させつつ、末永く働ける環境や制度が整っているからだ。

三つめは、業界No. 1を目指して会社に貢献したいと思ったため。自分の長所である負けず嫌いを生かしたいと考えたからだ。

入社後は、社会人としての責任をもち、同期と切磋琢磨しながら共に成長していきたいと考えている。うまくいかない事も多いと思うが、何故うまくいかないのか考え行動し、一日でも早くお客様に心から喜んで頂けるような仕事をしたい。

就職活動をしていく中で、自己分析や企業研究はとても大切だと感じた。就職活動で得られるものも多く、新しい自分を発見できるいい機会だと思う。インターンシップに参加することで、有利に就職活動を進められることも多いと思うので、面倒くさがらず積極的に参加した方がいいと思う。悔いの残らない就職活動にして下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る