Just another WordPress site

当センターでの実務修習の特徴 ・修了考査合格実績

当センターでの実務修習の特徴

(1)特別講義

全くの初心者でも、基礎的な知識や鑑定評価特有の発想法・思考法を身につけられるよう、本学教授及び指導鑑定士、外部講師による特別講義を開催します。
修習生の実務経験、能力及び実地演習の進捗度に応じて、適宜行います。

(過年度実施例)

  1. 本修習のあり方について
  2. 物的確認
  3. 権利の態様の確認
  4. 建築一般構造
  5. 建物再調達原価査定におけるJBCIの活用について(外部講師による)

(2)鑑定会議・プレゼン会

案件ごとに、グループ内鑑定会議を行っていますが、ときには、複数のグループによる合同会議とすることもあります。
また、過年度においては、担当外の指導鑑定士を依頼者と見立てて、相対で報告・説明を行ったり、評価題材物件をご提供いただいている不動産会社を訪問してのプレゼン会も実施しました。

(3)CAD講習会

CADによる建物プランニングの講習会を無料で受講できます。

(4)本学大学院不動産学研究科博士課程の授業の聴講

希望者は、次のような科目を聴講することができます。

科目例

  • 不動産評価特論
  • 不動産企画経営特論
  • 不動産投資特論 ほか

修了考査合格実績

当センター
全国
受験者
合格者
受験者
第1回
2008年度
37名
24名
329名
第2回
2009年度
27名
22名
300名
第3回
2010年度
20名
20名
226名
第4回
2011年度
15名
14名
279名
第5回
2012年度
24名
22名
233名
第6回
2013年度
17名
15名
176名
第7回
2014年度
12名
10名
146名
第8回
2015年度
9名
9名
148名
第9回
2016年度
9名
7名
114名
PAGETOP
Copyright © 明海大学 不動産研究センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.